通販サイトなら必要な電子部品をすべて買い揃える事が出来ます

プリント基板に実装する部品には抵抗、コンデンサやコイルなどのような受動部品、ICやトランジスタ、発光ダイオードや整流ダイオードなどの能動部品、スイッチやコネクタなどの機構部品などの種類があります。これらは電子部品とも言われており電子機器に欠かせない部品類です。電子機器を自作する人も多いかと思われますが、部品を購入する時はどのようにすれば良いのか、初めての電子機器製作では悩む人も多いのではないでしょうか。抵抗やコンデンサなどのような部品、ICやトランジスタなどのような半導体類は通販店を利用して購入が出来るため、街中にあるお店まで出掛けなくても注文が出来ますし、お店の多くが1つから販売しているので、ICを交換したい時などはサイトにアクセス、品番検索を行って必要なICを見つけ出す、カートに入れて決済方法を選ぶなどの方法で入手が出来ます。

ICを購入する時には基板アクセサリーも一緒に購入が便利

ICは電子機器の中で大活躍する電子部品の一つです。ICを使えば膨大な量の電子回路を構成する必要がありません。電子回路をすっきりさせてくれるのもICの魅力とも言えましょう。利用している電子機器のICが壊れてしまい動かなくなった時など、品番をネット検索すればICを購入出来る通販サイトを見つける事も出来ます。
電子機器製作を行う時にもサイトにアクセスすれば必要なICを1個から買う事が出来るので便利です。但し、送料が別途必要になるので購入時にはまとめて買い物するのがお勧めです。ICは端子の数が多いものが多くあるので半田付けする時には注意が必要です。取り付ける向きを間違えてしまうとすべての半田を溶かしてICを取り外さなければなりません。サイト内にはICソケットなどのような基板アクセサリーも販売しているので、ICを購入する時には同じピン数のICソケットを合わせて購入しておくと便利です。

プリント基板製作に必要な材料も入手可能

電子機器を製作する時に必要な電子部品を取り付ける板の事をプリント基板と呼びます。プリント基板は電気の流れる道を構成するための部品の一つです。複数の穴が開いているプリント基板もありますし、一面が銅箔面になっているものは自らアートワークを描きあげてからエッチング液を使って銅箔を溶かす事で電気の流れ道をプリント基板に作り出す事が出来ます。エッチング液で銅箔を溶かした後は、部品を挿入するための穴を開ける作業が必要です。穴を空ける時にはミニドリルを使いますが、プリント基板を初め、エッチング液や洗浄液、ミニドリルや半田などのパーツ類も通販サイトを利用すれば購入が出来るようになっているので、これからプリント基板を作る時など、サイトにアクセスして欲しい商品をカートに入れるだけで買い物出来るので便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加